株式会社ミツボシコーポレーション

金沢工場

金沢工場の技術と生産体制

金沢工場

ミツボシのものづくりを担う金沢工場

国内有数の合繊長繊維産地である北陸を背景にした金沢工場は、日本の匠の技術を継承してミツボシコーポレーションのモノづくりを担う工場として位置付けています。1976年に開発された「ベルトマスター」をはじめ、「エラスマスター」やスポーツウエア関連のラッセルテープ、パイピングなどで高い評価を得ています。

金沢工場の生産アイテム

ラッセルテープ

商品名 ラッセルテープ
対象 スポーツウェア向け
編み方 経編み
素材 ポリエステル

ラッセルリブ

商品名 ラッセルリブ
対象 スポーツウェア向け
編み方 経編み
素材 ポリエステル

小丸ジャージ

商品名 小丸ジャージ
対象 食品白衣、スポーツウェア、ユニフォーム向け
編み方 丸編み
素材 ポリエステル、T/C、アクリル等

商品名 横編みジャージ
 対象 スポーツウェア、ユニフォーム、カジュアル向け 
編み方 横編み
素材 ポリエステル、T/C、アクリル等

ニットパイピング

商品名 ニットパイピング
対象 スポーツウェア、ユニフォーム向け
編み方 経編み
素材 ポリエステル

裾上げテープ

商品名 裾上げテープ
対象  スラックス スカートの裾上げ
編み方 経編 
素材  ポリエステル

機械設備

機械 主な生産アイテム
シングルラッセル

BM、ニットロン、ラッセルリブ、ラッセルテープ、裾上げテープ、エラスマスター 

ダブルラッセル  ラッセルテープ、パイピング、 裾上げテープ 
横編み機 ジャージ、ポロ襟
小丸編み機 小丸ジャージ